image_edited_edited.jpg

​スワミ・サッチァナンダ

私の最初のグルで様々なヨーガの瞑想法を教えて

いただきました。

当時の私はまだ幼かったせいか、大変、

優しく接してくださいました。

でも、こっちが調子に乗ると

態度が一変して怖くなったのを覚えています。

師からはサニャースを受け、

スワミ・ターラナータ・サラスワティという

ヨーギネームを頂きました。

週に一度は師匠と一緒に映画を見る会が

あったのですが、そのときいつも私が部屋に入ると

「こっちにおいで」と言ってもらえ、

師の足下に座らせて頂き、緊張の中、

映画鑑賞をしていました。

image.png

サキャ・ティチェン

見た事もないくらい顔も耳もでかい人でした!

サキャ派の法王でダライラマ同様、

現在インドに亡命の身。

21歳の時に師と出会いどこでチベット仏教を

勉強できるか訪ねた所、私が教える、と言ってくださり、以来師の元でサキャ派の教えに基づいた瞑想と

諸尊の灌頂を授かりました。

なんと私はこの灌頂の日を勘違いしすっぽかすという

失態をしでかしてしまいました。

その日、師は玉座に座り、私を待っていたそうでした。

いろんなお坊さんに怒鳴られ顔面蒼白状態で

師の所に懺悔にいくと、師は優しく

「また明日おいで」と言ってくれました。

このクラスの活仏を待たせるなんて

昔だったら処刑ものです!!

image_edited.jpg

ミンリン・ティチェン

サキャ・ティチンの元で修行してた折、

サキャ・ティチンお付きのラマが

ミンリン・ティチンの元へ連れて行ってくれました。

以来、ちょくちょく遊びにいくようになりましたが、

26歳の時にゾクチェンを学ぶ為に、

正式に弟子入りしました。

師は大変お茶目な性格で、大きな法要の最中で

あるにも関わらず、へらへら笑いながら

私にみかんを投げつけてくるなどして、

とてもかわいがって頂きました。

チベットでは最もぶっとんだラマと言われているので、

私のぶっとびっぷりは師匠譲りなのかもしれません。

image_edited.jpg

カンド・リンポチェ

ミンリン・ティチン師の長女。

私が師匠の元で修行していた時、師の教えを補う形で

様々なことを教えて頂きました。

旅のお供をさせて頂くという貴重な時間も

過ごさせて頂き、また、プライベートで多くの時間を

一緒に過ごすこともできたので、師匠の話も含め

チベットのレアな情報をたくさん教えて頂きました。

image.png

チャンドゥ・トゥルク

アメリカに在住の活仏で、日本にチュウを教えに

来られた時にセミナーの開催を手伝わせて頂き、

私の家に何泊かして頂きました。

チャンドゥ・トゥルクは厳しい方でしたが、

家に泊まって頂いた時は夜まで色々なお話をして頂き、

また、京都の寺院観光の際、女子高生に

「仙人だー!」と囲まれ、とっても嬉しそうにしていた

笑顔が今も忘れられません。

image_edited.jpg

アヤン・ トゥルク

南インドにお住まいになられている活仏で、

日本にはポアの教えで何度も来日されてます。

私が始めて会った活仏はこの方で私が15歳の時でした。

アヤンリンポチェも我が家に数泊して頂きましたが、

毎朝、四時に

「ワヘ〜イ、ワヘ〜イ」と

低い声で起こされたのが今では良い思い出です。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now