​岩城和平

1965年に東京で生まれる。

俳優という特殊な環境の両親の元に

長男として生まれる。

ベトナム戦争のまっただ中、

反戦運動をしていた両親は

世界平和の願いを込めて

"和平"という名前を付ける。

 

13歳から、キリストを愛し、

日々祈りの中で過ごす。

 

15歳でヨーガと出会う。

この頃、平和運動、教育、

環境問題と関わる。

 

17歳で人生のテーマは

平和の実現だとわかる。

平和運動もしていたが、もうひとつの、自分の中の宗教的感性が

私をインドへと導いた。

ビハールスクールオブヨーガ主宰、

スワミ・サッチヤナンダ師の

弟子となる。

 

19歳で一時帰国。

その時、日比谷公会堂で行われた

国際婦人年の大会で学校での

男女共同性教育についての

スピーチをする。

その後、再びインドへ戻り

21歳までヨーガの修行をする。

師の助言に従い佛教の勉強を始める。

しばらく、師を探す旅をする。

後、チベット佛教の

サキャ・ティチン師と出会い、

師の元で修行が始まる。

 

26歳からは、運命的な出会い、

ダライラマと並んで

チベット佛教四大ラマの一人である

ニンマ派最高峰の生き仏、

ミンリンティチェン師の愛弟子となり、ゾクチェンやその他の教えを学ぶ。

師から私の役目は日本にあると言われ

日本に帰国。

 

29歳から日本での

本格的な生活が始まる。

日本では墓相の仕事に就く。

 

35歳、こういった経験を生かし、

自ら瞑想会及び勉強会を発足し

各地で瞑想指導を行い、

今に至る。

*実績*

19歳:日比谷公会堂で行われた

国際婦人年の大会で

男女の性教育について講話する。

このとき、門野晴子さんと出会い、

”学歴なんかぶっとばせ!”という

本のモデルとなる。(北斗出版)

 

34歳:日比谷の谷クリニックで

患者さんに瞑想の指導並びに

生きる目的や生死についての

講話をする。

 

35歳:自身で瞑想の指導や、

自己実現、平和、女性解放など

多岐に渡っての講話会を主催。

 

現在:昨今の天変地異や異常犯罪の

多発化、自殺者の急増など、

胸の痛いニュースが多い中、

”人生は愛と調和である”

スローガンに、地球との調和、

心と体の調和に重きを置いた

活動を始める。

 

主な、活動内容は、

和平氏がチベットやインドで

過ごした修行時代を基に、

自分と人生の調和について学ぶお話会、個人的なアドバイスを

受けたい方の為の個人セッション

(メールセッションも在り)

を行っている。

profile
Name: Wahei Iwaki
Gender: Male
Age: 54
Type of blood: AB

blog
癒しの言葉
メール
こちらへ
当方からのメールを
受信できるよう、PC・携帯電話およびスマートフォンの
メール設定のご確認を
お願いいたします。
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now